長くアンビエントなうねる残響から、アンプをドライブさせたかのようなカオスティックなフィードバックまでWHEN THE SUN EXPLODESはすべての轟音を可能にします。

リバーブセクションは、60年代のアンプで流行したクラシックなスプリング・タンク・ユニットをエミュレートしたもので、リバーブのトーンや長さを調整するための様々なコントロールが用意されています。

搭載されたフィードバック・フットスイッチは、リニア・ライジングまたはLFO/トレモロ制御のフィードバック・ループを作動させ、ウェット信号を強制的に繰り返し、儚く美しい発振ノイズを生み出します。

アウトプットゲインは、対称/非対称/クリッピングなしのクリッピングオプションを追加しており、様々なゲインと振幅の中から選択できます。ゲインコントロールは、低めの設定では艶やかなブーストから、最大に設定するとアンプが嘶くようなファズトーンにまで変化させることができます。

エクスプレッション入力は、標準的な10k-50kエクスプレッションペダルを使用してリバーブのボリュームをコントロールし、ハンズフリーでリバーブのwet音の量の調整を行うことができます。普段はドライブペダルとして使用して、ソロに入る時際リバーブを付加してサウンドに厚みを足すような使い方も良いかと思います。

あらゆる楽器をこのペダルに接続すれば、どのエフェクターも到達していない無限の残響とファズアウトノイズを体験することができます。

Master…最終的な出力音量を調整します。

Reverb…dry音とwet音のミックスを調整します。

Color…リバーブのトーンをコントロールします。左方向が暗めのトーン、右方向で明るいトーンへなります。

Decay…残響の長さを調整し、高くディケイを設定することでフィードバック・フットスイッチでの発振を強調することができます。

Gain…入力サウンドの歪み量を調整します。センター位置まではオーバードライブライクに作用しますがそれ以降はファズのような荒い

   サウンドへ変化します。また、Reverbノブを左に回し切ることでドライブサウンドのみのペダルとして使用可能です。

Feedback…フィードバック・フットスイッチ使用時の発振の音量を調整します。

Toggle Switch…上記発振の波形を切り替えます。

Rate…発振に付与されるトレモロの速度を調整します。

Boost Footswitch…オンにすることでリバーブのwet音量を二倍にします。

Feedback Footswitch…踏んでいる間、wet音を強制的に繰り返し、儚く美しい発振ノイズを生み出します。

EXP…エクスプレッションペダルの入力です。wet音の量を調整が可能です。(10k-50kのエクスプレッションペダルをご使用ください。)

Clipping Toggle Switch…3段階で歪みのクリッピングを切り替えドライブの音色を変更できます。

・対称:ファズライクでハイゲインな歪み。激情的なサウンドを生み出します。

・なし:ダイオードを使わずオペアンプをオーバーロードしたローゲインな歪み。

    ゲインを低めに設定することでクリーンなサウンドをアウトプット可能です。音量が大きいのでご注意ください。

・非対称:上記二つをミックスした中間的サウンド。様々なシチュエーションで使いやすい音色です。

Dry Switch…切り替えることでdryとwetがミックスしたサウンドか100%wetを切り替えます。

電源は必ず9V DCセンターマイナスアダプターでご使用ください。消費電流 76mA。

WHEN THE SUN EXPLODES

¥30,800価格