LIFE IS UNFAIR AUDIO
​それぞれの座標を繋ぐ

​イングランドはウェールズ、ロンドンから西におよそ200kmの街カーディフ。

ビルダーMikeはペダルの回路/グラフィックのデザイナーとして仕事をしております。

彼がペダルを作り始めたきっかけは、大学1年の夏休みに音楽技術の勉強をしていた時に、自分と友達のためにペダルを作り始めたことに起因します。その後Mikeは夢中になって、ギターフォーラムで人のための様々なクローンペダルを作り始め、最終的には大学の最終プロジェクトでファズの回路を改造することになります。

2016年の夏にリリースした最初のペダル「Life Is Unfair」の回路&グラフィックを作り、その後現在のようにペダルメーカーとして独立するまでの数年間は楽器店のスタッフやその他の仕事に従事していた経歴を持ちます。

現在ではMikeは上記に記述した通り、ブランドのホルダー/ビルダーとしての面だけでなく、ぺダルの回路/グラフィックのデザイナーとしての一面を持ち、Colorsound、Triungulo Labs、Holy Island audioのような他の会社のために回路基板のデザインをする傍ら、彼自身のペダルのラインを拡大するために絶えず仕事をしております。

LIFE IS UNFAIR AUDIOはMIKE自身が立ち上げたブランドで彼の挑戦が最も詰め込まれているブランドと言えます。

​ブランドの代表機種であるSynaptic Cleftはセミモジュラー機能を用いたエフェクトペダルで、シンセサイザー/ユーロラック、ギターもしくはその両方を使ってみるのも面白いかもしれません。その他ジョイスティックを採用した2種類のエクスプレッションペダルからエレキギター黎明期より活躍するファズまでが現在ラインナップされております。

ギターサウンドから鍵盤や電子楽器、それらの座標をLIFE IS UNFAIR AUDIOの製品がつなぎ合わせてお客様の元で​新たなイマジネーションを育むことができれば幸いです。

LIU+Synaptic+Cleft.jpg
Pineal+gland+sq+mock.jpg
DLB.jpg
IMG_1929.jpeg
IMG_1845.jpeg
AB.jpg