こちらはT-120の豪華版。​​
操作方法やツマミの説明は通常版に準拠しますが、下記点が追加となっています。
-ソフトスイッチ
 
-エコートレイル機能
 
-踏んでいる間徐々に自己発振をさせるフットスイッチ。一時的な動作も可能でバイパス時にも機能を使用できます。
 
-TRS出力ジャックを使用してのステレオスプレッド出力。
​
・ALT パラメーターモード
ONの状態で右側のスイッチを長押しするとLEDが黄色になります。
その状態でSPEED/DEPTH/TIMEのノブを操作することによってRANDOMIZE/WAVEFORM/DIVISIONSのパラメーターを操作・保存が可能です。(RANDOMIZE/WAVEFORMについては別紙参照)
 
−DIVISIONS
ALTパラメーターモードでTIMEノブを操作することでタップ分割の設定が可能です。
Q…四分
D/E…付点八分
E…八分
T…トリプレット
ノブを回していく中でそれぞれのディヴィジョンが切り替わるタイミングでLEDが一瞬赤く点滅します。
​
以下、T-120の説明↓
T-120 Videotape Echoは、使い古されたビデオテープを再生した時に聴かれる粗くグニャグニャと位相がずれたようなサウンドに触発されて開発されました。T-120に入力された信号は、安定していない再生装置で無秩序に流れるローバンドワイドテープのようなサウンドを再現することができます。
そのサウンドはコンセプトの”The Sound of Nostalgia”の通りでまさにノスタルジック。DepthとSpeedのツマミを調整することで美しく揺れていくサウンドに加え、Tape Qualityのツマミで徐々に音は輪郭を溶かし包み込むようなLo-Fiな音を作り上げます。
​
Time…ディレイタイムを調整し、最大で1.5秒まで設定できます。また左に回し切ることでモジュレートのエフェクトのみを使うことができます。
Echo…原音とエフェクト音のミックスを調整します。
Intensity…ディレイのリピートを調整します。また、ツマミを右に回していくとEchoの量次第で自己発振をします。
Depth…エフェクト音にかかるモジュレートの強さを調整します。右に回すほど不安定で壊れたVCRのようなサウンドになります。
Speed…モジュレートの速度を調整します。右に回すほど速度が速くなり、印象的なテープサウンドを生み出します。
Tape Quality…ウェット音の劣化具合を調整します。
Red LED…ペダルのON/OFF
Yellow LED…モジュレートの強さ/速度を可視化します。
​
電源は必ず9V DCセンターマイナスアダプターでご使用ください。消費電流30mA。
Price ¥37000+tax

T-120 Deluxe V2

¥40,700価格