Espeto

​このEspetoというギターはForty-Fourをより小型化したモデルとしてリリースされました。

スペックと写真をご覧の頂ければお分かりに鳴ると思いますがかなり小さいです。感覚としてはバリトンウクレレサイズのウクレレより少し大きくらいでしょうか?

元々、Nicはこのギターを「Traveler」と呼んでいた時期があり、名前通りどこにでも持ち運べるトラベラーギターがコンセプトとなっています。

このギター、材のセレクトから見た目までかなりカスタムが可能です。このページにも掲載しますが、アップチャージでEspetoに象徴されるパズルトップなど芸術的なオプションも選択することもできます。セレクトできる材は多岐にわたり一例をあげるとレッドウッド、各種メイプル、バール材等の北米材を中心にお選び頂けます。(Island側のストック状況により変動あり。)

完全に私感ですがEspetoを愛用する彼の顧客のミュージシャン達はノイズやコンテンポラリー系などエフェクトを多用し美しいサウンドを響かせるミュージシャンが多いように思います。非常に軽量なギターであるがゆえにその他の重い機材を持っても負担が少なく、軽快なれど決してどこか頼りないサウンドではなく、しっかりとギターが美味しい帯域をアウトプットするためエフェクトのノリも良いのかなと思います。

Specs

  • Slab Spruce Body with Milk Paint finish

  • Poplar, Doug Fir, Maple, Peruvian Walnut neck

  • Composite fretboard in 22.5″ or 23.5″ scale length

  • Hipshot headless bridge

  • Proprietary headpiece

  • 1-11/16″ nut width

  • Single MOJO Pickups ISLAND Hersheybar or Hersheybucker

  • Includes a custom Probag gigbag, handmade in the USA

Price:価格はお客様の希望スペックを添えてお問い合わせください!