112+ Drive Channel

エコーで一躍その名を馳せたDemedash Effects。このペダルはとある有名ギターメーカーとのやり取りの中で誕生しました。

単純なクローンペダルではなく1から設計しユニークなものを、と意地とも言える意思から開発されたこの112+ Drive Channel。

ビルダーSteveは、とある90年代のソリッドステートアンプに見られるクリッピングの回路に注目しました。しかし、そのアンプに敬意を表して112+を名乗っているもののエミュレートというわけではなくあくまで回路構成の一部とその素晴らしいサウンドに影響を受け、ペダルの歪みとして昇華させた機種になります。

肝心のサウンドですが、パッとアイデアが思い浮かぶだけでもブースター/オーバードライブ/ファズドライブ/プリアンプと多岐に渡ります。内部で最大34vまで昇圧をしているためヘッドルームが広くかなーりローゲインでハリがあるサウンドからバリバリとスピーカーが泣いているかのようなファジーなサウンドまで妥協なくアウトプットいただけるでしょう。

Drive…歪みの量を調整します。後述のVoiceと密接に関係しておりBottomを強調した場合に歪み量を増やすと予期せぬノイズが発生する

     可能性があります。

Voice…歪みのモードを切り替えます。

    右側:フルベースモード 低域が最も出力されファットなサウンドです。

    中央:ライトベースモード ヴィンテージライクなサウンドです。

    左側:モダンベースモード タイトでモダンなサウンドです。

Level…最終的に出力される音量を調節します。

EQ…各帯域のブーストの調整を行います。センターポジションでは変化がなくセンターから左で最大-5dB、右で最大+5dB。

    Bottom:ローシェルビングフィルター、低域を調整します。遮断周波数250Hz

    Mid:ノッチフィルター、中域を調整します。中央の周波数は850Hz

    Top:ハイシェルビングフィルター、高域を調整します。遮断周波数1.5kHz

電源は必ず9V DCセンターマイナスアダプターでご使用ください。消費電流40mA。

Price ¥26,000+tax